"最近の不動産物件で人気のあるのが一軒家でも分譲でもなく賃貸物件なのです。
一昔前には家族揃って賃貸を選ぶのは少なかったのですが、今では最初から多くの人が賃貸を選んでいるのです。現地の物件調査は防犯の視点からもしっかりと確認をしておく必要があります。
夜間は昼間と全く異なる環境となりますので、現地調査は昼と夜二度見にいくことをオススメします。

 

賃貸物件の下見は、物件探しのスケジュールの中では最も大切な要素となります。
「わざわざ現地まで行くのは面倒臭い」と考えずに、自分の足を使って詳細を確認しておくことが大切です。通勤や通学などのことをしっかりと頭に入れて、交通の便利さを現地調査で確認しておきましょう。
自家用車やバスの利用のことを考えて渋滞状況の確認、そしてタクシーの数も確認しておくと良いでしょう。"



足を使った賃貸物件探しが大切ブログ:29-1-23

減量中は、
1日3食、きちんと食べることがとても大切!

食事と食事の間が空きすぎると
からだが必要以上に吸収しようとしたり、
からだのリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕食はやや少なめに、
逆に朝方食をたくさん食べるようにして、
1日の摂取カロリーをコントロールすることがポイント!

よる摂取したカロリーは活動に使われることがないので、
寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、朝方摂取したカロリーは1日の活動で
消費されやすいからです。

そして、気をつけたいのが栄養バランス。

減量中は筋肉を維持する、
もしくは増やすことが大切ですよね。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすいからだになります。

たんぱく質は、筋肉を作る源になる栄養素です。

いくら運動しても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないんですよ。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて
摂取するといいとされています。

筋肉が作られる時間帯とは…
「運動後の三十分〜一時間後」と
「よる寝ている間」
なんだそうです。

つまり、夕食でたんぱく質を摂取すれば、
よる寝ている間、筋肉が作られる時間帯に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
朝方食、午後食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕食や、よる寝る前に炭水化物を
たくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが
そのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいますよ!